WEBライター経験者が文章力を上げるコツをわかりやすく解説します

キーボード操作をする手元

在宅ワークの中でも人気のWEBライターのお仕事。

様々な記事を書く中で、WEBライターとして求められる文章力とは、一体どのようなものでしょうか?

どうすれば、読者に文章を最後まで読んでもらえるのでしょうか?

この記事では、読者が最後まで読みたくなるような、WEBライティングの文章力を上げる基本的な書き方のコツをご紹介していきます。

最後まで読んで、ぜひ参考にしてみてくださいね。

わかりやすく読者目線で伝える

スマホを見る読者

どんなに素晴らしい内容でも、難しい言葉がずらりと並んでいては、最初から読む気が失せてしまいます。

専門知識が豊富でも、なるべく専門用語は避けて、誰が読んでも理解できる記事にすることが大切です。

わかりやすく伝えるという事は、誰が読んでも理解できる親切な記事であるという事ではないでしょうか?

そして、伝えたい事は回りくどくならないように簡潔に伝えることが大切です。

執筆しているテーマで、読者の人が求めている内容は何でしょうか?

例えば検索する時に、そのテーマについて読者の人達はどんな単語を並べて検索をするでしょうか?

WEBコンテンツは、スマホで読む人も多く短い時間にさっと情報を集めたいという人が大半です。

記事の冒頭に、検索内容に沿った文章が書かれているでしょうか?

検索した事と一致した内容が冒頭に書かれていれば、自然と最後まで読みたくなるのではないでしょうか。

それとは逆に、記事の冒頭に自分が求めている内容が書かれていなければ、離脱の原因にもなってしまいます。

わかりやすい文章を書く時には、図やグラフ、または箇条書きなども降り混ぜて、簡潔でわかりやすい文章を書くことが理想的です。

スマホで隙間時間などに、さっと読んでも大体の内容が伝わる、わかりやすくて簡潔な記事が、ウェブコンテンツでは基本的に好まれるようです。

読者にとって価値のある文章か?

ノートパソコンの前でガッツポーズをする女性

価値のある文章とは、どのような文章でしょうか?

WEBライティングでは、メリットとベネフィットという言葉がよく用いられます。

価値のある文章とは、記事を読んで知りたかったことを知るだけでなく、それを知ることによって、自分がどのように変わるのか、または改善することができるのかといったような事まで提示するという事です。

メリットは簡単に言うと、「利点」や「長所」という意味で、ベネフィットは、簡単に言うと「恩恵」という感じです。

文章の中に、このメリットとベネフィットが盛り込まれていれば、自然と最後まで読みたくなる文章になると思います。

例えば、旅行に関する記事を書くとしたら、メリットの部分は

  • 旅行による非日常感
  • 旅行でストレス解消
  • 知らない土地の人との交流

このような事に焦点を当てて書いてみると、ベネフィットの部分は

  • 旅行による非日常感→あらゆるものへの見方が変わった
  • 旅行によるストレス解消→気分一新、明日からまた頑張れる
  • 知らない土地の人との交流→新しい知識やアイデアを得る

というように、メリットによってもたらされる恩恵まで考えて記事を書くと、読者の人に読んで良かった、ためにになったと思ってもらえる記事になるのではないでしょうか。

独自の視点で自分らしさを出す

人に囲まれてパソコンを操作する女性

記事を書くとなると、テーマに沿ってたくさんの記事を参考にすると思います。

いくら良い記事を見つけても、そのままマネして書いてしまっては、盗作問題に発展してしまうので注意が必要です。

例えば、卵に関する記事を書くとしたら

  • 子供が喜ぶ卵料理
  • 卵を常温で保存した時の消費期限
  • 白い卵と茶色い卵の違い
  • 新鮮な卵の見分け方

このように、卵という言葉から視点を変えて、何通りも記事が書けそうだと思いませんか?

連想ゲームのように独自の視点で、思いつくままにアイデア書き出してみると、読者を惹きつける新鮮な記事が書けるかもしれませんね。

もう一つ大切なことは、書くテーマが決まったら、やはりたくさんの記事を参考にすると思いますが、その時に参考にしたい内容を見つけたら、自分の言葉で書くという事。

自分の言葉で書くということがなかなか難しいと言う場合には、参考にしたい記事を覚えておいて、思い出しながら書くと、自然と自分の言葉で文章が書けます。

最初から最後まで、オリジナルの記事を書くというのは、至難の業です。

自分が描きたいテーマで検索した記事の内容を参考にすれば良いのです。

そして、参考にしたい文章をよく読み、その文章を思い出しながら書いてみて、読み返したときに、余計な部分は削除したり、必要な文章を加えたりしながら書いているうちに、オリジナル感のある記事ができてくるので、ぜひ試してみてくださいね。

文章の表現に変化をつける

WEBの文字列

記事を読んでいて、読みやすいと感じる記事とごちゃごちゃしていて、読みにくい記事はありませんか?

読みやすい記事は、適切な箇所で改行されていたり、適切な箇所に句読点があるのが特徴。

例えば人と話す時に、ずっと息継ぎもせずにしゃべり続ける事はないですよね。

人と話す時に、言葉が一瞬止まるところに句読点を入れるイメージで。

そして、 文末に「。」が来たら改行を入れると記事を全体的に見たときにすっきりとした印象になります。

後は、文字に変化をつけると読みやすく、記憶に残りやすい文章になりますよ。

例えば、強調したい言葉は太字にしたり、大切な言葉には色をつけたりします。

一般的には、ポジティブな言葉は赤色、ネガティブな言葉は青色で表現すると、文字に感情が加わる印象になります。

文末の言い回しも、いつも同じではなく、違った言葉にした方がスムーズに読み進めることができます。

例えば、文末がすべて「です」「ます」だと、作文のようになってしまいますよね。

読んでいる人に語りかけるように書いてみると、自然な言い回しの文章が書きやすいと思います。

このように、句読点、改行、太字、文字の色、文末の言い回しなどを意識して記事を書くと、読者に伝えたいことがわかりやすく伝わるようになるので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

まとめ

以上、WEBライティングの文章力を上げる基本的な書き方のコツを解説しました。

最後まで読まれやすい記事は、わかりやすい言葉で書かれているという特徴があります。

詳しく知りたいと思っていても、専門用語が頻繁に登場する文章はなかなか読みづらいもの。

難しい言葉は、わかりやすい言い回しに変換して書いてみると読みやすくなります。

メリットやベネフィットも、記事を書く時に意識するようにすれば、読者にこの記事を読んで良かった、ためになったと思ってもらえる記事になるでしょう。

そして、1つのテーマに独自の視点を持ち、いろんな角度から見るイメージで記事を書いていくと、文章にオリジナル感が出やすくなります。

記事作成の時に調べた事は思い出しながら書いたり、友達に話しかけるようなつもりで書くのも、文章にオリジナル感を出すのに役立ちます。

ウェブライティングのコツを掴んで、多くの人に役立つ記事が書けるように頑張っていきましょう!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. パソコン画面の中のチェックマーク

    2024-4-15

    webライターが実践中の集中力を高める為のマイルーティン3選をご紹介します

    皆さんは、集中力を高める為のマイルーティンが何かありますか? 特に、仕事や何かを始める前には集…
  2. 2024-4-2

    アニメ好きなら決定のVOD「DMM TV」30日間無料で使っちゃおう!

    [word_balloon id="1" size="M" position="L" name_po…
  3. 2024-3-30

    U-NEXTを歴4年使って分かった事、メリット・デメリット・評価

    映画・ドラマ・雑誌・漫画・ラノベも全てお任せのU-NEXT 動画配信サービス(VOD)使っています…
  4. 動画編集画面

    2024-3-29

    在宅ワークで動画編集は稼げる?経験談を元にメリット・デメリットも交えてご紹介します

    在宅ワークの中の一つ、動画編集。 実際どうやって始めるのか?仕事はあるのか?どれくらい稼げるの…
  5. WEBライティングのイメージ

    2024-3-19

    ライティングがグッと時短できるコツベスト3をご紹介します

    ライティングの仕事をしていて、記事を書く時間が思った以上にかかってしまい、予定より仕事が遅れてしまう…
ページ上部へ戻る