Webライター経験者がライティングの仕事に向いている人の特徴3選をご紹介します

パソコンの前でこちらを向いてほほ笑む女性

在宅での仕事を考えている人の中には、「Webライターの仕事をやってみたい」「長く続けたいけどライティングの仕事は自分に向いているのかな?」と考えて、なかなか一歩を踏み出せない方もいるかもしれません。

今回はそんな方のために、Webライター経験者がライティングの仕事に向いている人の特徴3選をご紹介しますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみて下さいね。

記事や本を読むのが好きな人

パソコンをのぞき込んでいる女性

日頃からWebニュースの記事をよく読んだり本を読む事が好きな人は、自然と文章の構成を組み立てる事ができやすく、Webライターに向いていると言えるでしょう。

ライティングの仕事は記事を書く仕事なので、普段から記事を読み慣れている人は、どのような流れで文章を書けば読む人に伝わりやすいか?という視点を自然と身に付けているとも言えます。

また、読む事が好きな人は漢字にも強い傾向です。

漢字には『成功』『精巧』などのように、読み方が同じでも違う意味を持つものが多くあります。

パソコンやスマホで記事を作成している時に、変換された漢字が間違っていた場合、すぐに気付いて修正する事ができます。

そういった点からも、普段から記事や本を読んで漢字に対しての慣れや発見を多く経験している人は、Webライターの仕事に向いていると言えるでしょう。

そして、Webライターの仕事で大切な事の一つに『リサーチ』があります。

これは、自分が書こうとする記事のテーマについて他の似たような記事を読んで、読者が欲しい情報を探ったり、他の記事にはどんな内容が抜けているか?などをリサーチしていく作業です。

このリサーチをする作業では、読む事に慣れている人が断然有利だと言えるでしょう。

さらに、Webニュースなどの記事を読むのが好きな人は、検索に慣れているとも言えるので、検索した時にどんな記事が読みやすいか?どんな記事を読んだ時にがっかりするか?など多く経験しているため、逆に自分が記事を書く側になった時に、読者目線でわかりやすく読みやすい記事が書けるでしょう。

例え話が上手い人

女性に向かって話すビジネスマン

例え話が上手な人は、人と会話する時や文章で説明をしなければならない時など、様々な場面で理解を得やすいと言えます。

特に専門的な記事を書く場合には、その事が有利に働くでしょう。

専門的な言葉を、いかに読者にわかりやすく伝える事ができるか?という点では、まずその専門用語の意味をリサーチする事はもちろん、次にその専門用語に例え話を用いて、いかにわかりやすい記事にするかという事も大切です。

読者は言葉の意味がわからなくて検索をするはずです。

検索して読んだ文章が、さらに専門用語だらけだと混乱しますし、がっかりする事でしょう。

一方、専門用語を噛み砕いて例え話を用いてわかりやすく書かれている記事を読めば、理解する事ができて、記事を書いてくれたライターに感謝したくなるでしょう。

記事を書く上で注意しなければならないのは、自分自身の得意分野がテーマだった時に、ついつい専門用語を使ってしまいがちだという事です。

得意分野だからこそ、例え話を用いて書きやすいとも言えるので、読者目線で読みやすい記事になるようにするのがオススメです。

くれぐれも例え話のし過ぎでテーマから逸れた記事にならないように注意しましょう。

時間管理のできる人

置時計と勤務時間と書かれた積木

Webライターとして仕事をするのは在宅で、というパターンが多いと思います。

自分の家が仕事場になるという事は自由であるとも言えます。

会社は仕事に集中できる環境ですが、自宅は正直そうはいきません。

家事との両立や、育児をしながらなど、いかに作業時間を確保するかが大切になってきます。

そして、スマホからいかに離れていられるかも作業時間の確保には大きく影響してきます。

そのためには、なるべくスマホの通知音を切っておくなどの工夫も必要でしょう。

一日中在宅が可能な人は、家事と仕事の両立パターンを探る必要があります。

育児がある場合は時間通りにとはいかないので、まずは無理のない範囲で自分が1日のうちにどれくらい作業時間を確保できるかを把握して、それに見合った仕事を請け負うようにするのがオススメです。

ただ、家事・育児をしながら確保できた時間を全て仕事の時間にしてしまうと精神的にもつらくなってしまいます。

天気の良い日には、10分だけでも外を散歩してみたり、ベランダで深呼吸してみたり、好きな雑誌を少しめくってみたりなどの気分転換も必要です。

また、本業があり、帰宅してからWebライターとして作業をする人も、食事や入浴、少しホッとできる時間も確保しつつ、どれくらいライティングの作業時間を作れるかを決めてから、無理のない範囲の仕事を請け負った方が長く続けていきやすいです。

ついつい無理をして、せっかくの副収入が途絶えるのはもったいないと思います。

要するに、自分の生活スタイルに合わせて時間管理ができるか?という事が、Webライターのように在宅で作業をする事が多い場合には、とても大切になってきます。

まとめ

まとめ

以上、Webライター経験者がライティングの仕事に向いている人の特徴3選をご紹介しました。

日頃から、ニュース記事や本を読む事に慣れている人は、自然と文章の構成も組み立てやすく、漢字も読み慣れているので、変換後の誤字にも気付きやすく、記事を書く上で有利でしょう。

Webライターに必要なリサーチも、普段検索して読みたい記事を探す事に慣れている人は、スムーズに進める事ができると思います。

どんな記事が読者にとって有益かという事に関してもある程度理解ができている所も、ライターとして向いていると言えます。

例え話が上手い人は、専門的な記事を書く場合など、読者の人にわかりやすく伝える事ができるでしょう。

専門的な記事も、専門用語をわかりやすく噛み砕いて、更に例え話を用いるなどして書けば、読者の理解も深まり感謝される記事になると思います。

ただ、例え話のし過ぎでテーマから逸れてしまわないように注意しましょう。

Webライターとして仕事をするなら、在宅で作業をする場合が多いと思います。

会社と違って自宅は自由な反面、作業に集中できない場面も発生しがちなので、時間管理がいかに上手くできるかがWebライターとして作業効率を高めたり、継続できるかの鍵になると思います。

一日中自宅で過ごせる人、本業がある人など様々ですが、自分の生活パターンの中でWebライターとしてどれくらい作業の時間を作れるかを考える必要があります。

家事や育児、自分の体調の事なども踏まえて、臨機応変に無理のない範囲で継続できる事が大切だと思います。

この記事が、Webライターとしての一歩を踏み出すお手伝いになれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    新作も旧作も!TSUTAYAの宅配レンタルを楽しもう!

    TSUTAYAの宅配レンタルサービスを活用しよう! みなさんVODはご利用されていますか? VO…
  2. パソコンの前でこちらを向いてほほ笑む女性

    2024-6-19

     Webライター経験者がライティングの仕事に向いている人の特徴3選をご紹介します

    在宅での仕事を考えている人の中には、「Webライターの仕事をやってみたい」「長く続けたいけどライティ…
  3. 副業をする女性

    2024-6-15

    【副業初心者必見!】副業のメリット4選!副業でちょっとした贅沢を可能に!

    周りに副業をやっている人が増えてきたなーと感じることが増えてきたのではないでしょうか? でも、…
  4. 2024-5-24

    楽天ミュージックとは?音楽の新しい楽しみ方

    ここ10年ほどですっかり定着した音楽ストリーミングサービス。Apple MusicやAmazon M…
  5. パソコン作業をしている女性

    2024-5-24

    Webライティングの仕事をやってて良かった事ベスト3!経験談を交えてご紹介します

    webライティングは、在宅ワークの中でも特に人気のある仕事です。 人気を集めているのには、どん…
music.jp
220822_VAUNDY
コミック.jp
ページ上部へ戻る