在宅ワークのメリットとは?収入を増やすために必要な考え方

在宅ワークをする女性

あなたはにとって「在宅ワーク」というものはどんなイメージでしょうか?

家から出ずして収入が得られるって何だか素敵ですよね?

人混みの中の通勤ラッシュもなく、移動時間がないからこそ、その時間を自分の好きな時間に充てられる

コロナ禍の期間に在宅ワークを副業に持つ人も増えました。

では、在宅ワークにはどのような種類があるのでしょうか?

そのいくつかをご紹介していきたいと思います。

在宅ワークにおける「労働対価」とその価値観

在宅ワークとは?

在宅ワークにおいては基本的に職場は「自宅」となります。

在宅ワークの働き方においては大きく分けると2つの働き方があります。

1つは「雇用」による働き方。

そしてもう1つは「業務委託」による働き方です。

前者は普通に「会社勤め」の扱いです。

後者はあなた自身が「社長」であり、仕事を頂いた先が「取引先」になります。

それは仕事内容が異ならなくても、「収入面」が変わってきます。

会社雇用であれば、例え会社の望むミッションが達成できていなくとも「給料保障」はされるものです。

しかし「業務委託」という立場で同じように仕事を依頼された場合は、ミッション達成が必須条件となります。

その分、能力のある人にとっては「大きなやりがい」にもなり、会社勤めをしていた頃よりも収入が増える方が多々おられます。

当然、「雇用」と「業務委託」とでは、責任という観点からも大きく異なります。

基本的に、在宅ワークの多くの方は「業務委託」が現在主流です。

いわゆる「個人事業主」にあたります。

会社にとって個人事業主は都合が良い点が多いです。

福利厚生の面を考えなくてもいいだけではなく、責任転嫁も出来ます。

そして一番難しいと言われる「クビ」もありません。嫌であれば契約を締結しなければ良いのですから。

業務委託された側の立場もある意味メリットはあります。

それは全てのルールを「自分」で決めることが出来るからです。

会社の方針や理念に捕らわれず、全ては自分自身でルールを手掛けていきます。

まさに誰からも支配されない。

そこには自分1人の「会社」が存在するわけなのです。

やればやるだけ「労働対価」は得られます。

そしてその価値観を作り上げていくのも世間に認知してもらうのも全て自分次第なのです。

在宅ワークには基本的に「時給」という考え方はない

副業で得る報酬

あなたはバイトなどの経験はありますか?

いろんなところで募集しているのを目にすることはあるかと思いますが、「時給〇〇〇円」と書かれているものを見たことありますよね?

「時給」とは働いて結果を出した対価とは異なります。

これは能力があろうがなかろうが、その時点で提示され、契約されている時給にあたりますので、会社の「拘束時間において約束した対価」のことを指しています。

仕事の進行度合いによって同じ対価ではなく、そこまで出来ていなくとも得ることの出来る対価です。

例えば時給1100円としましょう。

5時間働きました。

Aさんは会社の要望するミッションをきちんと終えました。

Bさんは会社の要望するミッションをきちんと終えることが出来ませんでした。

しかし、AさんもBさんもともに「5500円」貰えるのです。

拘束時間に対しては平等にもらえるのですが、あなたがAさんであればBさんの働き方に何か違和感を覚えるかと思います。

これを在宅ワークに置き換えてみましょう。

「自宅に居るの拘束時間」ってどんなイメージでしょうか?

もし仕事が在宅ワークなのであれば買い物などで外出しない限りは24時間自宅にいますよね?

ZOOMなどの面談や決められた時間でのテレフォンアポインターのお仕事を除けば基本的に「フリー」なのです。

自分のやりたい時間にやれる。それこそが最大の魅力なのです!

1日8時間などという制限はありません。

1日30分という働き方でもいいですし、もっと稼ぎたければ何時間でも自分の気の済むまでやることも可能です。

「時給」という言葉や「残業」という言葉も存在しません

あなたが「業務委託」としてその仕事を締結しているのであれば、時間のかけ方、使い方問わず既にその依頼先との約束においての「報酬」は決まっているのですから。

元来の働き方をしていく上で「時給」という決まり事ほど能力を平等に扱わないものはありません。

あなたは自分の能力を遺憾なく発揮するために可能な限りの時間を有効活用出来ます!

特にパソコン作業の強い方は、元来仕事場を問わず仕事が可能なはずなのです。

一般的には場所を問わない仕事は「在宅ワーク」が可能なのです。

あなたの得意なものを活かして是非チャレンジしていきましょう!

在宅ワークは空き時間で収入を得ることから始める

本業と副業のバランス

まず在宅ワークを始めるにあたって「副業」というスタンスがベストでしょう。

いくら人より長けたものが備わっており、その能力に自信があるといえどもその仕事1本となるとかなりのリスクを背負います。

本業が1つあってこそ在宅ワークは成り立つことを忘れないでください。

時を重ね、やがてはある程度の実入りが安定すれば在宅ワーク1本でも生計が成り立っている方ももちろん居ます。

実はこの「ライティング」も立派な1つの在宅ワークの一環です。

特にこのライティングのお仕事などは時間は自由に選べます。

スキマ時間に継続することで徐々にお小遣い程度にはなり、慣れてくればそれなりの計算した稼ぎも可能でしょう。

デジタル業務が苦手な方の場合は、

「内職」(昔から言われるようなものであれば裁縫など)

「ピアノの先生」

「英会話の先生」

「手話の講師」

「お弁当屋(コロナ禍を境に自宅で認可を取っている方などおられます)」

など手に職を持つ方が行うアナログ的な仕事も多々あります。

もちろんパソコンが得意な方であれば、私の知るところで多い業種は「輸入雑貨の卸売業・小売業」を営む方も多いです。

今の在宅ワークではパソコンが必須になっているイメージはありますが決してそうではありません。

最初は在宅ワークで「月収2~3万円」を目指して始められれば良いでしょう。

あなたの特技を対価に変えることでモチベーションはあがります。

そして何より初めて収入を得ることで仕事とその対価の目安を図ることが出来ます。

多少気持ちにゆとりがないと在宅ワークはうまくいきません。

追い詰められた気持ちで取り組むとその在宅ワークの中身や質にどことなくうまくいかない要素が出てきてしまいます。

最初はボランティアぐらいの気持ちで挑戦することが良いでしょう!

まとめ

少額でも得ることが事業収入の始まり

私が現在取り組んでいる在宅ワークは、

「音楽関連(ピアノなど)」

「ライティング」

が中心となります。

前者は特技、後者は経験談の共有や趣味を活かしての情報発信などです。

在宅ワークは「仕事」ではあるのですが、仕事と捉えてやってしまうとなかなか続きません。

継続は「好き」であることが大前提になります。

そしてあくまでも時間を詰め過ぎずにスキマ時間で始めることが長く継続出来るコツになります。

長く継続出来ることで、要領よく仕事を進められるようにもなりますし、それが少額であっても収入を得ることが出来れば非常に楽しくなります。

始める際には、良い環境づくりを意識した中で自分に負荷がかからない程度でやってみれはいかがでしょう?

例え、1日「200円」しか成果が上がらなくともそれは事業収入なのです。

それは既に在宅ワーカーとして始まった証なのですよ!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    楽天ミュージックとは?音楽の新しい楽しみ方

    ここ10年ほどですっかり定着した音楽ストリーミングサービス。Apple MusicやAmazon M…
  2. パソコン作業をしている女性

    2024-5-24

    Webライティングの仕事をやってて良かった事ベスト3!経験談を交えてご紹介します

    webライティングは、在宅ワークの中でも特に人気のある仕事です。 人気を集めているのには、どん…
  3. 2024-5-20

    クランクイン!ビデオで始める新しい映画体験

    最近ではすっかりお馴染みになったビデオ配信サービス。 一昔前はレンタルビデオ店が主流の時代もあ…
  4. 2024-5-20

    auスマートパスプレミアムとは?今更聞けない基本のキ

    auスマートパスプレミアムとは? auスマートパスプレミアムという言葉は聞いたことがあって…
  5. 2024-4-18

    アニメ好きなら決定のVOD「DMM TV」30日間無料で使っちゃおう!

    [word_balloon id="1" size="M" position="L" name_po…
music.jp
220822_VAUNDY
コミック.jp
DMM TV
ページ上部へ戻る