WEBライティングでSEOに強い記事を作る方法BEST3

SEOという文字がノートパソコンにある

SEO対策できていますか?

SEOに関する知識がなくてもWEBライティングをすることも可能ですが、SEO対策がしっかりとできているとユーザーのニーズにより応えられる記事を書くことができるのです。

この記事では、SEOに強い記事を作るための方法をランキング形式でご紹介します。

SEOに強い記事とは

SEOという文字を中心にネットワークが広がっている

SEOに強い記事とは、Googleなどの検索エンジンの「記事に対する評価」が高く、その結果として上位表示されやすい記事のことです。
SEOに強い記事を作ることで、以下のようなメリットがあります。

  • ユーザーのニーズに応えることができる
  • ユーザーの信頼や満足度を高めることができる
  • ユーザーの行動やコンバージョンにつなげることができる

サイトのブランディングや集客力を高めることができるSEOに強い記事を作るためには、ユーザーの検索意図に合わせたキーワード選定やタイトル・見出し作成、文章構成や読みやすさなど、様々な要素に気をつける必要があります。

では、具体的にどのようにすればSEOに強い記事を作ることができるのでしょうか?今回のSEOに強い記事を作る方法BEST3は、検索結果に出てきた記事やサイトから、よく取り上げられている内容やポイントをまとめたものなります。

キーワードを適切に選び、タイトルや見出しに含める

キーワード

第一位は「キーワードを適切に選び、タイトルや見出しに含める」です。
キーワードを適切に選び、タイトルや見出しに含めることは、SEO対策の重要なポイントです。

キーワードとは何か?

キーワードとは、ユーザーが検索エンジンで入力する単語やフレーズのことです。

キーワードの選び方

キーワードを選ぶときは、以下の手順を参考にしてください。

  1. ターゲットユーザーの検索意図を明確にする
  2. サイトのメインテーマと関連するキーワードを洗い出す
  3. キーワードの優先順位をつける
  4. 定期的にキーワードを見直す

タイトルや見出しのつけ方

タイトルや見出しにキーワードを含める際は、左寄せにしておくと、ユーザーにもクローラー(検索エンジンのロボット)にも読み取りやすくなります。

文章構成は結論を先に伝える

結論

Webライティングの文章構成で結論を先に伝えることは、わかりやすく説得力のある文章を書くための重要なポイントです。Webライティングの記事を読むユーザーはゆっくり記事を読むよりも、すぐに答えを知りたいという人が多いため、わかりやすさを重視した書き方を意識することが必要です。

SDS法は、「Summary Details Summary」の頭文字で、同じ内容を3つに分けて説明する方法です。

PREP法は、「Point Reason Example Point」の頭文字で、文の途中に具体例を挟みながら話を進めていく方法です。

文章構成とは何か?

文章構成とは、要点・本文・結論といったような文章の要素の組み合わせのことです。文章の種類や目的によって、適切な文章構成を使い分けることが大切です。

そして、結論を先に伝える文章構成の方法としては、「SDS法」や「PREP法」などがあります。

SDS法とは何か?

SDS法とは、文章や言葉で事実を相手にわかりやすく伝えるためのフレームワークです。

SDSは、それぞれSummary(要点)、Details(詳細)、Summary(要点)の頭文字をとっており、【要点】→【詳細】→【要点】という順番で話を組み立てます。

SDS法はどんな場面に向いているか?

SDS法は、事実をわかりやすく伝えたい場面に向いています。たとえば、ニュースや自己紹介、商品説明などで、短時間で情報を伝えたいときには、SDS法を使うと効果的です。

PREP法とは何か?

結論を先に伝える文章構成のモデルとして、PREP法があります。PREP法とは、Point(要点)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(要点)の頭文字をとったもので、以下のような構成になります。

【要点】結論や主張を最初に述べる→【理由】結論に至った理由や根拠を説明する→【具体例】理由に説得力を持たせるための事例やデータを提示する→【要点】最後にもう一度結論や主張を繰り返す

PREP法はどんな場面に向いているか?

PREP法は、自分の意見や主張を伝えたい場面に向いています。たとえば、プレゼンやセミナー、ブログ記事などで、自分の考えや提案を相手に納得させたいときには、PREP法を使うと効果的です。

SDS法とPREP法を比較

テーマとして「自己紹介」を選び、SDS法とPREP法を使った例文を作成します。

SDS法を使った例文

  • Summary(要点):はじめまして、山田太郎と申します。私は〇〇株式会社の営業部に所属しています。
  • Details(詳細):私は3年前に入社し、主に〇〇地域のお客様を担当しています。営業成績は常にトップクラスで、昨年度は最優秀営業賞を受賞しました。私の強みは、お客様のニーズを的確に把握し、最適な提案ができることです。趣味はゴルフで、週末はよくコースに出かけます。
  • Summary(要点):以上が私の自己紹介です。よろしくお願いいたします。

PREP法を使った例文

  • Point(結論):私は〇〇株式会社の営業部に所属する山田太郎と申します。
  • Reason(理由):私は3年前に入社し、主に〇〇地域のお客様を担当しています。営業成績は常にトップクラスで、昨年度は最優秀営業賞を受賞しました。
  • Example(具体例):たとえば、あるお客様から「売上が伸び悩んでいる」という相談を受けたとき、私はその原因を分析し、競合他社との差別化や販促施策などの提案を行いました。その結果、お客様の売上は半年で2倍になりました。
  • Point(結論):私の強みは、お客様のニーズを的確に把握し、最適な提案ができることです。趣味はゴルフで、週末はよくコースに出かけます。以上が私の自己紹介です。よろしくお願いいたします。

読みやすい文章を心掛ける

タブレットを見て笑顔の女性

文章を書くときには、読み手に伝わりやすくすることが大切です。読みやすい文章とは、どのようなものでしょうか。ここでは、読みやすい文章を書くためのコツを紹介します。

文長や文末に気をつける

一般的に、一文は40文字以内が理想とされます。長すぎる文は、読み手に負担をかけてしまいます。文末も統一して、です・ます調かだ・である調かにしましょう。混在すると、不自然な印象を与えます。

わかりやすい言葉や表現を使う

難しい言葉や専門用語は、読み手に理解されにくくなります。できるだけ簡単な言葉や表現を使いましょう。また、同じ意味の言葉を繰り返さないようにしましょう。同じ言葉が多いと、単調で退屈な文章になります。

改行や段落、箇条書きや表などで見た目を整える

文章は、見た目も重要です。改行や段落で区切ることで、読み手に息継ぎのタイミングを与えることができます。また、箇条書きや表などで情報を整理することで、視覚的にわかりやすくすることができます。

画像や装飾などで読み手の目を引く

文章だけではなく、画像や装飾なども活用しましょう。画像は、文章の内容を補完したり、イメージしやすくしたりする効果があります。装飾は、見出しやキーワードなどを強調したり、色やフォントなどで印象づけたりする効果があります。

まとめ

まとめ

今回は、WEBライティングでSEOに強い記事を作る方法BEST3を紹介しました。

第1位:「キーワードを適切に選び、タイトルや見出しに含める」
第2位:「文章構成は結論を先に伝える」
第3位:「読みやすい文章を心掛ける」

今回の記事を参考にして、是非WEBライティグしてみてください!

関連記事

ピックアップ記事

  1. パソコン画面の中のチェックマーク

    2024-4-15

    webライターが実践中の集中力を高める為のマイルーティン3選をご紹介します

    皆さんは、集中力を高める為のマイルーティンが何かありますか? 特に、仕事や何かを始める前には集…
  2. 2024-4-2

    アニメ好きなら決定のVOD「DMM TV」30日間無料で使っちゃおう!

    [word_balloon id="1" size="M" position="L" name_po…
  3. 2024-3-30

    U-NEXTを歴4年使って分かった事、メリット・デメリット・評価

    映画・ドラマ・雑誌・漫画・ラノベも全てお任せのU-NEXT 動画配信サービス(VOD)使っています…
  4. 動画編集画面

    2024-3-29

    在宅ワークで動画編集は稼げる?経験談を元にメリット・デメリットも交えてご紹介します

    在宅ワークの中の一つ、動画編集。 実際どうやって始めるのか?仕事はあるのか?どれくらい稼げるの…
  5. WEBライティングのイメージ

    2024-3-19

    ライティングがグッと時短できるコツベスト3をご紹介します

    ライティングの仕事をしていて、記事を書く時間が思った以上にかかってしまい、予定より仕事が遅れてしまう…
ページ上部へ戻る