WEBライター経験者が教えるライティングのコツ!読者をひきつけるテクニックとは・・・

先生がホワイトボードの前で教えている

WEB記事を執筆するにあたって、ただ情報を伝えるだけでなく、読者を惹きつける文章を書くことが必要です。しかし、それは容易なことではありません。そこで、この記事ではWEBライター経験者が教える、読者をひきつけるためのライティングのコツやテクニックをご紹介します。ターゲット層に合わせた書き方の重要性や、キャッチーなタイトルの作り方、良い文章を書くためのテクニックなど、実践的なアドバイスをいくつかご紹介します。ぜひ、あなたのWEBライティングに活かしてみてください。

ターゲット層に合わせた書き方の重要性

重要性

ターゲット層に合わせた書き方は、コンテンツの質や読者の反応を左右する非常に重要な要素です。以下にその方法と注意点を説明していきます。

ターゲット層を知る

以下に、ターゲット層がどういう人なのか、何に興味関心があるのかを知る具体的な方法をいくつか紹介します。

・データ分析

ウェブ解析ツールを使って、サイトを訪問するユーザーの属性、興味関心、行動履歴などを把握することができます。ユーザーの属性とは、ユーザーの年齢や性別、職業、趣味のことです。Googleアナリティクスなどのツールを使うことで調べることができます。

・コンペティター(競合相手)分析

競合他社のサイトやSNSアカウントを分析することで、ターゲット層の興味関心や嗜好を知ることができます。

話し言葉を使う

話し言葉を使うことで、文章が生き生きとした印象を与え、読み手に伝わりやすくなります。以下に、話し言葉を使うためのポイントをいくつか紹介します。

・目的とターゲット層に合わせた表現を使う

話し言葉は、文章の目的やターゲット層に合わせて表現を使うことが重要です。例えば、ビジネス文書では敬語を使う必要な場合がありますが、ブログやSNSなどの個人的な文章では、カジュアルな表現や俗語も使われることがあります。

・会話のように簡潔に書く

話し言葉は、会話のように簡潔であることが特徴です。長文や冗長な表現を避け、短文で伝えることが重要です。また、会話のようなイントネーションやリズムを意識して文章を作成することも効果的です。

話し言葉を使ってはいけない場面

一部の場面では話し言葉を使ってはいけない場合があります。例えば、以下のような場合が挙げられますので注意しましょう。

  • ビジネス文書などの公式な場面
  • 学術論文や専門書などの専門的な分野
  • 堅いトピックや重要な議論が含まれる場合
  • ターゲット層にそぐわない場合

分かりやすい構成を心がける

文章を読みやすくするために、分かりやすい構成を心がけることが重要です。以下に、分かりやすい構成を作るためのポイントをいくつか紹介します。

・目次や見出しを使う

文章に目次や見出しをつけることで、読み手にとってどのような内容が書かれているのか一目で把握することができます。また、目次や見出しを使うことで、文章全体の構成が明確になります。

・短い文章を使う

短い文章を使うことで、読み手にとって読みやすくなります。長文になりがちな文章は、一度に多くの情報を読み手に伝えることになり、疲れやすくなってしまいます。

・まとめをつける

文章の最後にまとめをつけることで、読み手にとって何が重要なポイントであるかを明確にすることができます。また、まとめをつけることで、読み手が文章を理解する上で必要な情報を再確認することができます。

キャッチーなタイトルの作り方

タイトル

キャッチーなタイトルは、読者の興味を引き、記事を読んでもらうために非常に重要です。以下に、キャッチーなタイトルを作るためのポイントをいくつか紹介します。

興味を引くキーワードを使用する

興味を引くキーワードをタイトルに入れることも重要です。これは、SEO対策にもなります。ただし、キーワードを無理に入れすぎると読みづらくなってしまうため、自然な形でタイトルに入れるようにしましょう。

読者の関心を引く

読者が興味を持つトピックやテーマに関連するタイトルをつけることが大切です。例えば、健康に関する記事であれば「痩せる方法」というタイトルよりも「5分でできる簡単ダイエット方法」というタイトルのほうが、読者の興味を引きやすくなります。

簡潔でわかりやすい

タイトルは短く、分かりやすくすることが重要です。タイトルが長すぎたり、分かりにくい表現を使ったりすると、読者がタイトルを読むことを躊躇してしまうことがあります。

良い文章を書くためのテクニック

テクニック

良い文章を書くためには、以下のようなテクニックがあります。

目的を明確にする

文章を書く前に、何を伝えたいのか、どのような目的があるのかを明確にすることが大切です。明確な目的があると、文章の焦点が定まり、読者もより理解しやすくなります。

正確な情報を提供する

正確な情報を提供することが大切です。誤った情報を提供すると、信頼性を失ってしまうため、情報の確認や正確な数字やデータの利用などを心がけるようにしましょう。

具体的な例を用いる

抽象的な概念を説明する際には、具体的な例を用いることが有効です。例を挙げることで、読者がイメージしやすくなり、理解しやすくなります。

SEO対策のためのライティング

SEO対策のためのライティングについて検索している

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のことで、ウェブサイトの検索結果で上位に表示されるようにコンテンツを作成することを指します。ここでは、SEO対策のためのライティングについて詳しく説明します。

キーワードを適切に使う

キーワードは、記事の中で重要な単語やフレーズのことです。検索エンジンがキーワードを認識し、検索結果で表示されることがあります。記事中に、適切な数のキーワードを適切な場所に配置することがSEO対策の基本です。ただし、キーワードを無理に多用すると読者が不快に感じることがあるため、キーワードを自然に文章に取り入れることが重要です。

見出しの階層を意識する

見出しは、記事の中で重要な役割を持っています。見出しは、読者にコンテンツの構造を伝え、検索エンジンにとっても文章の構造を理解しやすくすることができます。検索エンジンは、記事の見出しの階層を正しく認識し、その記事が何についてのものかを判断します。また、見出しを適切に設定することで、読み手がスムーズに記事を読み進めることができるようになります。

見出しの階層とは

見出しの階層とは、文章の構造を表現するために使用されるタイトルの段階のことです。一般的に、見出しは大見出し(H1)、中見出し(H2)、小見出し(H3)、そして更に細かい階層がある場合には、その数だけ階層が存在します。

外部リンクや内部リンクを活用する

リンクは、SEO対策の重要な要素です。外部リンクは、他のサイトから自分のサイトへのリンクで、検索エンジンは、外部リンクが多いサイトを信頼しやすく見なします。また、内部リンクは、自分のサイト内でのリンクで、記事の構造を明確にし、ユーザーが関連記事を見つけやすくするために活用することができます。

まとめ

飲み物とスプーンを脇に置いてクリップボードにまとめを記入している

読者をひきつけるライティングをするためには、ターゲット層に合わせた書き方が重要です。そのためには、キャッチーなタイトルを作成することで読者の注意を引きます。また、具体的なイメージを使い、短い文章を使うことで良い文章を書きましょう。さらに、SEO対策にも気を配り、検索エンジンでの表示順位を上げることでより多くの読者にアクセスしてもらうことができます。是非、実践してみてください!

 

あわせて読みたい

SEO👉SEOに強い記事を作る方法BEST3

SEO対策できていますか?
SEOに関する知識がなくてもWEBライティングをすることも可能ですが、SEO対策がしっかりとできていると…

関連記事

ピックアップ記事

  1. パソコン作業をする女性

    2023-11-30

    リモートワークを快適にするための役に立つアドバイスをご紹介します

    リモートワークは通勤もしなくて良いし、家族と過ごせる時間も増えたはずなのに、何となく仕事がはかどらな…
  2. パソコンを使う手元

    2023-11-22

    ライティングの仕事がもたらしたポジティブマイルーティンとその理由をご紹介します

    ライティングの仕事いうと、どのようなイメージでしょうか? 私は自分がライティングの仕事を始める…
  3. パソコンとライティングの文字

    2023-11-21

    WEBライターが未経験者におすすめの理由をズバリ解説。案件応募のコツもご紹介します

    副業を考えている方の中には、本業を持っている人、または専業主婦の方など、様々な環境で過ごす方がいると…
  4. キーボード操作をする手元

    2023-11-8

    WEBライター経験者が文章力を上げるコツをわかりやすく解説します

    在宅ワークの中でも人気のWEBライターのお仕事。 様々な記事を書く中で、WEBライターとして求…
  5. ノートパソコンの前でピースする女性

    2023-11-2

    在宅ワークに役立つ!隙間時間の有効な活用術。私が実践中のオススメ3選をご紹介します

    在宅ワークをするなら、隙間時間も有効活用したいですよね。 日常の中で少しだけ出来た隙間時間をあ…
ページ上部へ戻る