在宅ワークで動画編集は稼げる?経験談を元にメリット・デメリットも交えてご紹介します

動画編集画面

在宅ワークの中の一つ、動画編集。

実際どうやって始めるのか?仕事はあるのか?どれくらい稼げるのか?など、疑問に思う事も色々あると思います。

今回は、動画編集経験者として動画編集の仕事は稼げるのか?という事を、メリットやデメリットも交えてご紹介しますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみて下さいね。

動画編集は稼げるの?

動画編集をする手元

動画編集という仕事が、最近では在宅ワークとしてすっかりお馴染みになりましたよね。

動画編集で稼ぐようになるには、まず大前提として『動画編集アプリやソフトを使って編集ができる』という事です。

私は、自己投資をして動画編集のスクールに入って学んだのですが、最近ではAIの発達に伴って簡単に編集ができるアプリなどもあり、未経験の方でも始めやすいのではないかと思います。

そこで、動画編集って稼げるの?という疑問が湧いてくると思いますが、答えは『仕事の内容による』です。

動画を編集するスキルによって受注できる仕事内容も違ってきます。

結婚式のエンドロール動画や、動画広告、企業の採用動画などの編集ができるようになれば、1件につき報酬が数万円〜数十万円という案件もあります。

月に5000円〜3万円くらいのプラスアルファ的な収入で充分なら、クラウドワークスやランサーズなどに出ている案件に応募して稼ぐ事ができます。

ただ、動画編集1本につき3,000円以上の報酬である案件を継続案件として獲得できればの話です。

そういった案件を獲得する為には、少し報酬が低くても動画編集の練習だと思って、地道に案件をこなして実績を作っていく事が大切です。

クライアントとの間に信頼関係が生まれれば、報酬アップも充分にあり得ますし、納品数や評価などを見てスカウトも連絡が来るようになります。

そこでまず、クラウドソーシングサイトで様々な案件を見て、動画編集にどんなスキルが求められているのかをリサーチしてみると良いです。

そして、今まで撮り溜めた写真や動画を練習用に使って編集作業を実際にしてみるのが編集スキルを上げるのにオススメの方法です。

例えば動画のいらない部分をカットしたり、人物が話している言葉にテロップを入れたり、効果音やBGMを挿入したりなど、気負わずに遊び感覚でどんどんやってみるのが良いと思います。

動画編集のメリット

パソコンの前でコーヒーカップを持ってほほ笑む女性

私がよく動画編集ができるようになって良かったと感じるのは、自分のプライベートな思い出の写真や動画を思い通りに編集できる事。

そして溜まった写真を1本の動画にしてまとめる事もできますし、友達や知り合いから編集を頼まれる事もあります。

特にお店を営んでいる友人からはInstagramに投稿する動画の編集を依頼されたりなど、思わぬ報酬が発生したり人の輪も広がるという所です。

そして、動画を編集するからこそ写真の撮り方一つにもこだわるようになり、撮影の腕が上がったようにも感じます。

そして、Wi-Fiが使える場所ならどこでも仕事ができるという点では、本当に助けられた事がありました。

以前私は、本業の傍ら副業として在宅で動画編集をしていました。

そんなある日、急遽約2ヶ月間入院する事になり仕方なく本業の仕事をお休みする事に。

しかしそんな中、病院内でWi-Fiが使えた事と、自分が比較的元気だった事もあり、病室で動画編集の案件を受けて毎日仕事をしていました。

その時、時間も場所も自由に仕事できるってこういう事なんだと、しみじみ実感しました。

その時に得た報酬は決して大金ではありませんでしたが、本当にスキルに助けられたという良い経験になりました。

動画編集のデメリット

デメリットのイメージ

私が、動画編集のデメリットを挙げるとしたら、編集にとても時間がかかるという事です。

よくYouTubeで、約10分〜20分の動画がありますよね。

観るのはあっという間ですが、20分弱の動画を編集するとして、不要な部分のカット、テロップ入れ、効果音などを入れるだけでも、軽く4時間以上はかかります。

他に仕事があったり、家事に忙しい方なら、その合間に編集をすれば動画1本の編集に2日がかりなんていう事もザラです。

特に本業や家事で忙しいと、動画編集の納期が気になってイライラしてしまう場合もあるでしょう。

編集は時間がかかるが故に、時給換算すると悲しい気持ちになる事も実際にあります。

ですから動画編集は、なるべく報酬の高い案件を獲得する必要が出てきます。

そして、報酬の高い案件を得る為には、やはりある程度のスキルが求められます。

動画編集は、プライベート的に活用するなら無料アプリなどを使っても充分に楽しめるでしょう。

しかし仕事となると、専門的なスキルも必要になる事もあり、これを独学で身につけようと思うと相当の時間と根気が必要になる上に、一人ではどうしても挫折しがちです。

そこで、動画編集のスクールを受講するのが一番良いのですが、これにはどうしてもある程度の投資が必要になってきます。

ただ、一度思い切って動画編集を本格的に学べば、編集のスキルを必要としているのにできないという人も多いので、目の付け所によってはスキルを報酬に変える事も充分可能です。

そしてもう一つ、動画編集はパソコンと向き合う時間がかなり長いです。

長時間集中するのが苦手な方や、肩こりのひどい人、目の疲れやすい方には向いていない仕事かもしれません。

編集した動画を発信してみよう!

パソコンと動画作成の文字

動画編集は、メリット・デメリット色々ありますが、とにかく無料アプリなどを活用して実際に動画編集をして楽しんでみてほしいです。

動画の編集画面って、英語や数字や波形が画面にズラッと並んでいて一見すごく難しく感じるかもしれません。

しかし、その一つ一つがどういう役割なのかを理解すれば、決して難しい作業ではありませんし、自分の想像した通りに映像が作れる楽しさは実践してみないと味わえません。

最近ではCANVAというアプリが有名ですね。

私も動画編集の仕事でよく使っています。

画像のデザインから動画の編集まで幅広い用途に使える上に無料というところが魅力的です。

私は仕事で使うので有料バージョンを使用していますが、無料でも充分過ぎるという印象のアプリです。

画面上で、ここを押すとどうなるのかな?という風に、好奇心を持って色々試してみると面白いですよ。

思いがけず、すごい効果を使う事ができたりして『発見』する感覚で、どんどん上達すると思います。

そして、出来上がった自分だけの作品はSNSなどを通じて発信しないともったいない!

それが恥ずかしいとか勇気がいるという場合は、家族や友達に見てもらうだけでも良いのではないでしょうか?

動画編集を楽しんでいるうちに、もしかして新しい自分の才能に目覚めるかも!?

まとめ

まとめ

以上、在宅ワークで動画編集は稼げるのか?という事を、経験談を元にメリットやデメリットを交えてご紹介しました。

動画編集が稼げるかどうか?というと、答えは『仕事の内容による』です。

動画編集スクールなどで学べば、スキルの習得も初案件獲得も早くなり、どんどん実績を積んで、やがては報酬の高い案件も受ける事ができるようになります。

動画編集はスキルによって、どうしても報酬に差が出てくるからです。

動画編集ができるようになると、プライベートの思い出の写真や動画を編集して楽しんだり、溜まった写真や動画を編集してまとめたり、場合によっては、友人や知り合いから動画制作の依頼を受ける事もあり、思わぬ報酬につながる事もあります。

Wi-Fiさえあればどこでも仕事ができるので、働く場所に捉われないというのは魅力的だと思います。

編集にはとても時間がかかるので、本業や家事で忙しい人や、長時間集中するのが苦手な人、肩こりのひどい人、目が疲れやすい人には不向きというデメリットもありますが、近頃ではCANVAという無料で使えるアプリなど、簡単に動画編集ができるツールもあるので、色々試してみるのも良いでしょう。

何でも楽しみながら続けているうちにスキルは身に付いていきます。

まずは、撮り溜めた写真や動画を使って、自分だけの動画を制作して楽しんでみて下さいね。

きっと世界が広がりますよ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. パソコン画面の中のチェックマーク

    2024-4-15

    webライターが実践中の集中力を高める為のマイルーティン3選をご紹介します

    皆さんは、集中力を高める為のマイルーティンが何かありますか? 特に、仕事や何かを始める前には集…
  2. 2024-4-2

    アニメ好きなら決定のVOD「DMM TV」30日間無料で使っちゃおう!

    [word_balloon id="1" size="M" position="L" name_po…
  3. 2024-3-30

    U-NEXTを歴4年使って分かった事、メリット・デメリット・評価

    映画・ドラマ・雑誌・漫画・ラノベも全てお任せのU-NEXT 動画配信サービス(VOD)使っています…
  4. 動画編集画面

    2024-3-29

    在宅ワークで動画編集は稼げる?経験談を元にメリット・デメリットも交えてご紹介します

    在宅ワークの中の一つ、動画編集。 実際どうやって始めるのか?仕事はあるのか?どれくらい稼げるの…
  5. WEBライティングのイメージ

    2024-3-19

    ライティングがグッと時短できるコツベスト3をご紹介します

    ライティングの仕事をしていて、記事を書く時間が思った以上にかかってしまい、予定より仕事が遅れてしまう…
ページ上部へ戻る